社会保険労務士(社労士)は、働くための職場ルールを定め、雇用リスクのヘッジを行ないます。社会保険労務士(社労士)は、その運用で労務コンプライアンスを確立し従業員の活性化により企業業績の拡大に貢献いたします。

トップページ > 社会保険労務士とは?

社会保険労務士とは?

社会保険労務士(我々の事務所)は、会社と従業員との間の雇用契約や、働くための職場ルールを労働法規に基づき定めます。
それを就業規則という文書にし、労働基準監督署に提出し、確定いたします。

また、社会保険労務士(我々の事務所)は、会社で起こる労使間の種々の出来事について、策定した就業規則を判断基準とした「運用」(労務コンプライアンスの実行)をサポートいたします。

労働契約書の作成

労働契約の重要な取り決めに関わる書類の作成業務です。

入退社手続き

入退社の際の社会保険、労働保険等の手続き業務です。

給与計算

明確な給与体系に基づいた給与計算業務です。

賃金の決定

業務に適した賃金テーブルの作成が重要なポイントです。

目標管理

目標管理を導入し人事評価へと連動させていくのが重要です。

人事査定

明確な評価基準や査定結果の公開も重要なポイントです。

退職金規程作成運用

退職金の支給水準および要件についての作成運用業務です。

表彰・罰則

職場の規律を守る上で罰則規定は重要なポイントです。

解雇

労使間のトラブルとならないように適切な対応が重要です。

労使紛争解決

労働問題発生時の就業規則説明やあっせん代理業務です。

事務代行・コンサル業務を行ないながら会社の目的に合致した活性化された従業員が活躍できる職場作りに寄与いたします。

お問い合わせ

詳細

TEL:03-5215-1488FAX:03-5215-1734
受付時間  平日 10:00〜17:00
ページトップへ
Copyright© 2005 Jinzaikaihatu All Rights Reserved.